日本語教師アイディア塾#12「片思いの日本語教育」を振り返って・・

 

 

こんにちは。

エルロン日本語教師アイディア塾

塾長の竹丸勇二です。

 

 

2月27日に開催した

日本語教師アイディア塾#12

 

 

80名を超える方からお申込みをいただきました。

ご参加頂きました皆様、

本当にありがとうございました!

 

 

今回は、

桃山学院教育大学 准教授 

オチャンテ・村井・ロサ・メルセデスさん
にお越しいただき、

ご自身の高速日本語習得体験をお話し頂きました。



思えば私たちは、
昨年来、

日本語教育の在り方を問うようなお話ばかりを伺ってきました。

 

 

たとえば・・・

 

 

◆「N2取れても全く話せなかった。日本語を諦めて国に帰ろうと思った」
とおっしゃる、超高度人材のビジネスパーソの体験談

 (10月開催のアイディア塾より)

 

◆「教科書で習った日本語は、社会で一度も耳にしたことはなかった」
とおっしゃる、インドネシア人社労士の方のお話

 (12月開催のZoomBarより)

 

 

◆「日本語の先生方には、働く現場で活きる日本語指導をお願いしたい」
大阪外食産業協会副会長からの激励

 (1月開催のアイディア塾より)

 

などなど。

 

よかれと思い行う

私たちの日本語教育は、何故かくも片想いになるのか(涙)

 

 

その疑問を払拭したい思いで、

今回の日本語教師アイディア塾は、

「片想いの日本語教育」というテーマを選びました。

 

オチャンテさんは、

ご両親の呼び寄せで15歳の時にペルーから来日、

来日当時、日本語は全くのゼロ!

「ひらがな」の習得から開始されたそうです。

 

そして、

 

定時制高校1年から本格的に日本語学習を開始

 

毎朝8時から16時まで働き、
夜は日本語学習と科目学習の毎日

 

 

そんな中で、最速で日本語を習得された理由を伺うと、

 

 

毎日継続して学ぶ環境、周囲に人がいて常に日本語を話す環境があった

 

■様々な方々が指導や支援に関わってくださり、孤立することがなかった

■自分の考え、自分の言葉でと自分の意志で伝える学習の機会に恵まれた

 

 

 

と、お話くださいました。

 

 

 

そして、体験された日本語の指導の中でよかったことは?

という質問には、

 

 

 

□すぐに使う日本語、必要なものから取り入れる日本語指導があった

 

□教科書から離れ、最近のニュースや社会の話題で
互いに考え、意見を交わす授業が楽しく力になった

 

□漢字は読みに集中し書くことは止めた、教師がその判断を尊重してくれた

 

 

と、ご説明くださいました。

 

 

そして、 

オチャンテさんは、自身の日本語習得を振り返り、

 

 

「言語とは、人との関係性を築くためのもの、

 対話の中で伝えたいという思いに動かされ、

 それを自分の言葉で伝えるものである」 

 

と、お話くださいました。

 

オチャンテさんのお話の中には、

私たちの日本語教育に何が必要なのか、

そのヒントが詰まっていると感じました。

 

 

 

ここから、私、竹丸の気づきですが、

 

 

15歳から日本語を始めても夢を形に変えていける

 

学習者の伸びる力を信じ、

それを支える日本語指導は確かに存在する

 

 

私はそれを知ることができ

ただそれだけで勇気づけられました。

 

 

そしてもう一つ、胸を正す教訓も得ることができました。

 

 

オチャンテさんに日本語指導をされた方々には、

3つの「共通点」がありました!!

 

 

それは、

 

 

①学習内容を学習者のその時々の状況やニーズに合わせていく

 

②選択権を学習者自身に持たせ、手助けが必要な部分のみに寄り添う

 

③学習者自らが実社会の中で毎日インプット・アウトプットを繰り返す

 

ということです。

 

 

これらが、高速日本語習得を叶える方法であり、

 

 

そして、私たちのこれからの日本語指導に

活かしていかなければならないポイントになる

と感じました。

 



私たちの日本語教育は、

 

日本語を知らないに人々の役に立とうとするあまり、

つい、供給過剰になっているのではないでしょうか・・

 

 

社会や時代の変化の中で

日本語学習者が必要とすることも変わっていきます

 


その変化に合わせ、

私たちは日本語教育を見直し、

進化させていいく必要があると思います。


「学ぶ人たちの幸せを実現する」

 


そうした日本語指導を目指し、探求していく必要がありますよね・・。

 

 


私たち日本語教師の片思いを解消するのは、

私たち自身です。

 

 

オチャンテさんのお話を伺い、私はそのように感じました。



皆さんは、どうお感じになりますか・・?

 

 

日本語教師による、日本語教師のための協働学習の場

エルロン日本語教師アイディア塾では、

これからも、様々な情報共有をして行きたいと思います。

 

 

次回のアイディア塾は

3月27日(日)10時~です!


<エルロン日本語教師アイディア塾#13>

 やさ日ファシリテーターとして歩む!
 グローバル共創デザイナーとしての道

 詳細・お申込みはこちら

 

-------------------------------------------------

 

私、竹丸が企画するイベントや、

日本語教師のキャリアアップを叶えるための

様々な講座のご案内は、こちらからご覧頂けます。

 

よろしければ、是非ご覧ください。

 

 

▶日本語教師向けのイベント情報はこちら

 

▶教えない日本語授業マスター研修はこちら

 

▶やさしい日本語ワークショップ・ファシリテーター養成講座はこちら

 

 

※個別の無料相談も実施中です!

 日本語教師のキャリアについてお悩みの方、一度私とお話してみませんか?

 お気軽にご連絡ください。