グローバル共創デザイナーとしての道 ~歩き出した2人の日本語教師に聞く~

こんにちは。

エルロン日本語教師アイディア塾

塾長の竹丸です。

 

 

日本語教教師アイディア塾#13 
グローバル共創デザイナーとしての道
~歩き出した2人の日本語教師に聞く~  

 

講義はなく、

ファシリテーションを用いて、誰もが

「やさしい日本語」をその場で使えるようにできる

体験型研修が必要だ。

 

 

 

エルロンがそう考えて、

企業や自治体に向け、

ワークショップ型体験型研修の提供を始めたのは

3年前の2019年でした。

 

 

 

そして、

そのノウハウを日本語教師の皆さんに

 

やさ日ワークショップファシリテーター養成研修

 

として伝えるようになったのは、

去年2021年の8月からです。

 

 

現在、

やさ日ワークショップファシリテーター養成研修は

4期まで開講され、36名の方が修了されました。

 

 

今回は、

やさしい日本語の普及で活躍されている修了生の中から、

 

グローバル共創デザイナーとしても活躍されている、

 

当養成研修の第3期生の

菊池佐恵さん、荒明美奈子さんにご登壇いただき、

 

日本語教師になったキッカケや、

グローバル共創デザイナーとしての

ご活躍などのお話を伺いました。

 

 

以下、

アイディア塾での対談内容をかいつまんでお伝えします。

 

 

◆菊池佐恵さん

 

菊池さんは、国内航空機会社を御退職後、

国内や海外の日系企業をクライアントとして、

日本のサービスやビジネスマナー研修をされていました。

 

しかし、コロナの影響で研修が全て無くなってしまい
「これから一人で何かやっていけるのだろうか・・」

と毎日不安だったそうです。

 

 

そんな中、

コロナ前からご自身の研修に外国人参加者が
増えていたのを思い出し、日本語教師になることを決心。

やさしい日本語は、日本語教師を目指す養成講座で

知ったそうです。

 

 

菊池さん自身が海外航空便で機上勤務していた頃の、

 

外国人と日本人が一緒に働くことの大変さや
相互の文化理解の大切さなどを身にしみて感じた体験

 

が活かせるのではないかと考えられたそうです。

 

 

 

現在は、山形の老舗旅館で採用した外国人新入社員の
受入教育を「やさしい日本語」を用いて行うことを提案され、

研修を開始されているとのことでした。

 

 

●言語や文化・習慣の違いにとよる壁を解消し、

外国人と日本人スタッフが安心して働ける旅館にしていきたい

●外国人のお客様にもやさしい日本語でくつろいでいただける

旅館になるお手伝いをしたい

 

そのようにお話くださいました。

 

 

 

◆荒明美奈子さん

 

荒明さんは、20年ほど前から

地元で地域日本語教室のボランティア団体を立ち上げ、

日本語指導の活動をされています。

 

 

外国人だけが日本語を努力するのはおかしい・・

 

 

10年ほど前に「町田やさしい日本語の会」を立ち上げ、

地域での案内や掲示物の書換えや、外国人向けの情報誌を

発行されてきました。

 

 

荒明さんは、すでにご自身で、

やさしい日本語の研修も開催されていましたが、

更に研修効果を高めていきたいとお考えになり

エルロンの「やさ日ファシリテーション養成研修」を

受講されました。

 

 

荒明さんは、日本語教師としてのご活動の他、

長年大学の医学部で教育に携わっておられ、

学習の教育効果に関しては特に強い探求心をお持ちでした。

 

 

ファシリテーター養成研修を修了後、

ご自身で生涯教育センターにて開催したワークショップに

2回程登壇し、

 

「ファシリテーションでなければ、教育効果は得られない」

 

と実感されたそうです。

 

ファシリテーションの技術を身に付けたことで、

参加者が一体となって取り組む、自由で楽しい研修に

変わったことがはっきり分かった

 

教育効果に変化があったことを嬉しそうに

お話しくださいました。

 

 

 

お二人のお話の中で、お二人に共通していると

私が感じたことが3つあります。

 

 

◆やさしい日本語でやりたいことがある

 

◆やりたいこと思ったことを頻繁に人に話す

◆必要なことを一つ一つ積み上げていく

 

 

また、お二人の経歴を改めて伺うと、

菊池さんは17年以上の企業での研修実績、

 

荒明さんは大学でのご職歴を含めると、

40年以上の教育歴をお持ちです。

 

 

そんなキャリアをお持ちでありながら、

お二人とも、とても謙虚でいらっしゃいました。

 

 

アイディア塾の後、参加者から、

 

「たくさんのエネルギーを頂きました」

「お二人をお手本にします」

 

といった感謝のメッセージにも大変恐縮されていて、

 

「とんでもないことです、私たちこそ、

たくさん皆さんからパワーを頂きました!」

 

 

お二人が、

半ば狼狽ぎみで、嬉しそうにおっしゃっていたのが

とてもおかしくて印象的でした。

 

 

 

■自分は何がやりたいのかを見つける

 

■やりたいことを言葉にして人に話す

 

■やるために必要なことを準備する



前に進む勇気は、皆がくれます!

 

 

参加者の皆さんの熱い応援メッセージで

私自身も一層、

 

「やさしい日本語を広げていかなければ」

 

と感じました。

 

 

このお二人に敬意をこめて、

グローバル共創デザイナーと呼ばせていただきます。

 

 

エルロンで「グローバル共創デザイナー」とは、

 

コミュニケーション上の課題を抱える

日本人と外国人の間に入り、

問題点を見つけ解決を図るための支援をする役割

のことをいいます。

 

 

 

これからの日本の社会に必要になるのは

日本人と外国人の「共創」です。

 

 

「やさしい日本語」の普及・拡散は、

最も現実的で、有効な方法です。

 

 

水際対策の緩和とともに
コロナで止まった時間が一気に動き始めました。

 

 

 

私たち日本語教師が協働して取り組み、

使命を果たす時代がきました。

 

 

 

やさしい日本語の使い手を増やす

 

 

 

私たち日本語教師だからこそできる、

もう一つの社会貢献活動です。

 

 

さあ、私たちと共にグローバル共創デザイナーとしての道を進んで

 

 

 

新しい未来を切り開いていきましょう!

 

 

-------------------------------------------------

 

私、竹丸が企画するイベントや、

日本語教師のキャリアアップを叶えるための

様々な講座のご案内は、こちらからご覧頂けます。

 

よろしければ、是非ご覧ください。

 

 

▶日本語教師向けのイベント情報はこちら

 

▶教えない日本語授業マスター研修はこちら

 

▶やさしい日本語ワークショップ・ファシリテーター養成講座はこちら

 

 

※個別の無料相談も実施中です!

 日本語教師のキャリアについてお悩みの方、一度私とお話してみませんか?

 お気軽にご連絡ください。