2021年!日本語講師のリアルにせまる!

 

皆さん、こんにちは。   

  

  

株式会社エルロン

  

ビジネスマインド向上・外国人人材入社研修担当講師   

 

加藤礼菜です。   

  

 

  

今回は、いつもとは違う視点で、日本語教師について

  

2021年現在のリアルをQ&A方式で、お届けしたいと思います。

 

 

 

それでは、早速スタートです!

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

〈Q1〉 どんな人が日本語講師になっているの?

 

 

A. 日本語教師はボランティアから研究者まで幅広いです。

 

 

 

日本語学校に所属して日本語講師をする場合は、

 

下記のいずれか1つの条件を満たしている必要があります。

(2021年3月現在)

 

 

①日本語教育能力検定試験に合格している

 

②420時間の日本語教師養成講座を修了している

 

③大学又は大学院で日本語教育を専攻(副専攻)している

 

 

 

 

〈Q2〉 日本語講師ってどんな働き方をしているの?

 

 

  A. 日本語講師は様々な働き方をしています。

 

常勤(フルタイム)、非常勤(フリーランス)、ボランティアと

 

大きく区分するとこのように分かれます。

 

 

 

特に、ボランティアとして日本語講師をしている方は多く、

 

文化庁のデータによると、約半分以上がボランティアだということが

 

わかります。

 

 

 

かく言う私も、NYで別の業界で仕事をしていた際に、

 

地域の日本語教室のボラティアをしており、

 

それがきっかけで、今もこの業界に携わっています。

 

 

 

令和元年度国内の日本語教育の概要(文化庁2019)

 

さらに、年齢層は40代~70代の教師が多いです。

 

 

子育てが落ち着いた主婦層や、

 

定年後のセカンドキャリアとして

 

日本語講師をされているという方が、

 

 

私の先輩や同僚にも多かったです。

 

 

 

令和元年度国内の日本語教育の概要(文化庁2019)

 

 

〈Q3〉 コロナ禍で、日本語教育業界に変化はあった?

 

 

A.  大きな変化がありました!

 

 

国外の早いところでは、2019年秋ごろから、

 

新規ビザの発給をストップした国が出始め、

 

今まで教室に集合して行っていたレッスンが、

 

オンライン化しました。

 

 

 

教室で行っていた日本語のレッスンを、

 

オンラインに切り替えたことにより、

 

パワーポイントの活用や、

 

オンラインでも効果のあるレッスン方法を模索し、

 

日本語講師は進化を求められた2020年だっと感じてます。

 

 

 

 ◆◆◆  

 

 

 

ここまで、

 

現在の日本語教師のリアルを

 

簡単にお伝えいたしました。

 

 

_ _ _ _ _ _ 

 

弊社エルロンの講師のプロフィールは、こちらからご覧いただけます

 ↓ ↓ ↓

 

【講師プロフィール】

 _ _ _ _ _ _   

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。