「ほうれんそう」問題

 

皆さん、こんにちは。

 

株式会社エルロンの加藤です。

 

 

前回は「外国人社員にとっての敬語の難しさ」をお届けしましたが、

今回のテーマは、

仕事をする上でとても大切な「報告・連絡・相談」問題です。

 

 

私は日本語講師として、

企業の人事の方、外国人社員の方の双方のご意見を伺うことができます。

 

 

人事の方々(もしくは現場の方々)からは、

 

「外国人社員は報連相をしない」

 

外国人社員の方々からは

 

「報連相をしているのに・・・

 報連相をするようによく注意をされる」

 

というお声を伺います。

 

 

日本以外の国でのビジネスでも、

もちろん「ほうれんそう」は大切です。

 

 

それにも関わらず、

このような食い違いが起こるのはどうしてなのでしょうか。

 

 

 

その原因は

 

報告・連絡・相談のタイミングがそもそも違う

ということです。

 

 

例えば、

 

日本で上司から頼まれて中長期的な業務を行う際には、

定期的にその上司に中間報告を行ったり、

相談をしながらプロジェクトを進めると思います。

 

 

一方、一部の国(地域)では、

100%完成された成果物しか上司に提出しないと

いうこともあります。

 

 

これは、

 

上司に中途半端な成果物を見せられない、

それで評価をされてしまう

 

という不安があるからだそうです。

 

 

私がNYで異文化の中で仕事をしていた時は、

1人の社員が1つのタスクを初めから最後まで行い、

それを責任者に「報告」するというシンプルなものでした。

 

業種にもよりますが、

「数字が命」の企業だったので、

隣に座っている同僚もライバル視していました。

 

そんな環境下で、

途中経過を報告したり、

相談して弱みを見せることはできない環境でした。

(もちろん、国/地域、業界、企業によってさまざまですが)

 

 

私も帰国して日本企業で仕事をした際に、

途中経過を報告するタイミングがわからない時期がありました。

 

 

「報告・連絡・相談」のタイミングで重要なのが、

「なに」を「どのタイミング」で「だれ」に伝えるかを

『明確化』しておくかが重要です。

 

 

できれば、

可視化(マニュアル化するなど)するのがベストです。

 

 

「そんなことまでしなくちゃいけないのか・・・」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

日本人は、自然と「空気を読む」という、

状況で見て判断するコミュニュケーションスタイルを取っています。

 

 

いくら報告・連絡・相談のタイミングの違いがわかったとしても、

それを明確化しなければ意味がありません。

 

「なんとなく、わかるでしょ?」というのはNGです。

 

 

もし、皆さんに企業に、

「報告・連絡・相談」ができない社員がいるようでしたら、

一度その社員とゆっくり話をするのがいいかと思います。

 

 

次回のブログでは、

「空気を読む」という日本の商習慣を

もう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。